airクールでいこう

今時 空冷の車とバイクに乗る毎日。
  • 06≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫08

エンジンマウント増し締め

今日は車に乗る予定は無かったのですが
ブレーキ周りを直してもらってから(こちら
フルードのチェックをしていなかったの確認。

問題なし!!

エンジンルームに蜘蛛の巣が張ってたので(^^;
取り除いていると、何か違和感を感じます。
どこかいつもと違うような気がします。

よ~~く見ると、バッテリーの形が違います。
実際は固定用バンドが切れて、少し位置がずれていただけで
変形していた訳では無いですけど。


こんなのは固定できればいいので、余っていたゴムバンドで固定します。

多分バイクのタンクバックか何かの固定バンドだと思うけど
当面はこれでいいでしょう。
当面と言いながら、このまま数年使うことは目に見えてますけどね。

さて、ここから今日の本題。

バッテリーを固定しようとエンジンルーム内を触っていて
フトした拍子に、エンジンがグラグラしていることに気がつきました。
以前見つけたとき(動画はこちら)程ひどくはありませんが
明らかに固定されていない状態です。

どうやらリア側のマウントが外れているようです。
リア側のマウントは直接見たことがありません。
以前購入したマニュアルで形を確認して、
取り付け方法を予想しておきます。

4つの絵の右下が、自分のFEバンのリア側マウントです。

ジャッキアップして下に潜ると、
あっさりマウントを見つけることができました。
でもマニュアルの絵と少し形が違います。
絵だとマウントの上部はナットが付いている様に見えますが
そこには固定されていないボルトが出ているだけです。

そしてナットが落ちています。写真だと手前にある白い物体。

どうやらエンジンとマウントを固定していたナットが
外れてしまっただけのようです。
マウント自体、ゴムなどはしっかりしていたので一安心です。

さすがにワッシャーとかは無くなっていたので、
手持ちの物を使って取り付け。(結構大変だった)

走ってみると、ここ最近40km/h位からの加速で
少し大きかった振動が軽減してます。
ここは定期的にチェックしないといけませんね。
そんな項目がどんどん増えていくな~~~

スポンサーサイト
 

プロフィール

ささき

  • Author:ささき
  • 歴代の7台のうち5台が空冷、バイク5台は全て空冷、これからも空冷乗りで

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索