airクールでいこう

今時 空冷の車とバイクに乗る毎日。

クラッチジャダー 再発 その2

もう自分だけでは手詰まりの感のあるエンジンマウントの対策。
この手の小さい旧車も扱っているショップに行って
何とかなるかもしれない案もらってきました。
基本は他車からの流用になります。でも同年代でも
ホンダやスバルのブッシュは倍くらい厚みがあり流用は難しいそうです。

1.同じようなブッシュを探す
2.車体を無加工で取り付けられるかもしれないブッシュを使う
3.車体の加工が必須だが取り付けられるであろうブッシュを使う

1.は、550cc 2スト ジムニーの、エンジンではないかもしれない
マウントブッシュで、同じような厚さで
同じような形の物を見た記憶がある。と言う、
あやふやな(^^; 情報があり、スズキのディーラーで聞いてみました。

写真を撮って、パーツセンターで探してくれたようですが見つかりません。
パーツセンターでも真面目に探してくれたとは思いますが、
個人とは熱意の差もあるので、パーツリストの閲覧を希望しましたが
パーツリスト自体も残っていないようで、それも適いませんでした。

これは今後も少しだけ期待して、
ジムニーに強いショップを探して聞いてみましょう。


2.は、550ccのジムニーでミッションとボディーの間に
使われていたブッシュで、元の物より一回り小さいので、
取り付けるための配置に余裕があり
鉄板等をかませれば、少ない加工で取り付けられるかもしれない。
という案です。
(覚書の型番:29610-63021)
ただ、ブッシュ自体が小さいのと、本来エンジンマウント用ではなく
ミッションのツッパリ棒的な物のブッシュなので、耐久性が少々不安です。


3.は、話を聞きに行ったショップで困った時に汎用的に使うブッシュを使う。
という案です。
厚さも大きさも一回り大きくなりますが、まあ許容範囲の大きさでした。
(覚書の型番:NISSAN 11223-32200)
丈夫そうでいいのですが、ボルト・ネジ穴の位置が全く違うので、
車体側に穴開けたり鉄板等をかませて台座を作ったりが必須になります。


今回は2.のブッシュを試してみようと思います。
3.は加工が必須で、ブッシュの厚みが増すので左右のバランスをとるため
今のところ無事な左側のマウントも加工する必要が出てきてしまいます。
2.が駄目だったら試すことにしましょう。


で、取り寄せたブッシュがこれ。
スズキのディーラーで普通に出てきました。

厚さは元のより1mm程薄く、見た目はかなり小さいけど
ブッシュのゴム部分の面積は少し小さい程度です。

取り付け案①。自分の考えた案です。


車体側に手を入れたくないので、
鉄板でダンボールのような板を作りエンジン側に取り付ける。
ダンボールのボルトの位置でエンジン側のステーに
そのまま取り付けられます。
フレーム側のネジ穴を使って、他の部品に当たらないように
代わりのブッシュをを配置するとこんな感じになります。

ややトリッキーですね。目的を安全・確実に取り付ける。
とすると、ちょっと勇気が必要な方法です。


取り付け案②。車屋さんが現物合わせする前に考えた案です。

フレーム側のネジ穴と、代わりのブッシュの幅が
偶然一致していたのでフレーム側はそれで固定。
エンジン側は元々のブッシュの鉄板に穴を開け
代わりのブッシュを取り付ける。


実際に加工していないので分りにくいけど、こんなイメージ。
元々のブッシュの鉄板に爪が付いていて、
もし千切れた時にブッシュが引っかかって
エンジンの脱落を抑えられるかもしれないというメリットがあります。
しかし小さいのが1個だけ、しかも横置きで耐えられるのか?
という不安があります。


取り付け案③。現物合わせして相談した案です。


  イメージしやすい用の写真。これよく登場するな~

フレーム側のアームに穴を開け、代わりのブッシュを2個縦に固定。
エンジン側のステーに鉄板とか別のステーを溶接して固定する。

車体を加工する手段になりますが、
単純な方法の方が信頼性は上がるような気がします。
無加工で対応するなんて虫が良すぎますからね。


以上、取り付け案①②③の相談までして、
実際に加工する車屋さんに確実な方法での対応をお願いしました。
早ければ今週末に上がってくると思われます。

ちなみにこの車屋さん、特に旧車を扱っている店ではありません。
でも自分の FEバン が入っているのを見て、
N360の車検を依頼してきた方がいたようです。
『古い車は手間ばかりかかって大変だから、
 あんまりやりたく無いんだけどね』
と、かなり楽しそうに言っているので、信頼してお願いしてます。

スポンサーサイト
 

プロフィール

ささき

  • Author:ささき
  • 歴代の7台のうち5台が空冷、バイク6台は全て空冷、これからも空冷乗りで

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索