airクールでいこう

今時 空冷の車とバイクに乗る毎日。

パンク修理

ちょっと自転車で出かけようとしたところ、
後輪の空気が少し抜けていたので空気を入れて、
前輪も入れていた所、まるで漫画の効果音のような
『パシュウ~』と音がして後輪の空気が抜けてしまいました。

走行中で何か刺さったのなら、まだ直しようがあるのですが
空気入れて少し経ってからだとすると、
チューブが圧に耐え切れなくて裂けてしまった危険があります。
そうだとすると、チューブの一部が駄目になっているかもしれません。

とりあえず開けて状態見ないとどうしようもないですね。
一応、パッチゴムや糊があることを確認してチューブを出してみます。



リムのスポークの穴で付いたと思われる跡があります。
その内の1個に穴が開いてます。
他の跡もゴムが伸びてしまっていて、明らかに弱っています。



こんなことにならないようにリムの内側にゴムのバンドが付いていて
タイヤ組み付けるときは、ずれないように気をつけていたはずなんだけど
組み付けで失敗したか、走っていてずれてしまったか。
多分、前者でしょうね。

どちらにしても、パッチゴムで何とかするレベルじゃないような気がします。
仕方ないので、タイヤ交換したとき(こちら
一緒に交換した古いチューブを使うことにします。

再発しなけれないいんだけど、なんか不安だな。

スポンサーサイト
 

プロフィール

ささき

  • Author:ささき
  • 歴代の7台のうち5台が空冷、バイク6台は全て空冷、これからも空冷乗りで

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索