airクールでいこう

今時 空冷の車とバイクに乗る毎日。
  • 04≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫06

太平洋岸自転車道

一昨日、以前一緒に鈴鹿のレースに出た同級生に誘われて、
自転車でお出かけをしました。
 太平洋岸自転車道 浜松‐御前崎線
全線だと片道60kmとかあるのですが、
途中の竜洋(天竜川の東側)から御前崎方面を目指します。

行きは快調でした、何がって、時速30km位で走っても
全く風を感じない様な状況でした。
つまりは秒速8mの追い風ってことです。
あの辺りは風の強い一帯で、風向もあまり変わらないはずです。
「帰りはどうなるのだろう?」
と不安に感じながら、気分よく走って行きました。


 天気良すぎて色飛んじゃった。

ちなみに 太平洋岸自転車道 ですが、西の方はまだいいのですが
東に行くと道路が砂に埋まっているし、、砂が飛んできて痛いし、
快適とは言えず、どちらかと言えばちょっとダメな感じです。

そんなこんなで、進んでいって、
中部電力の浜岡原子力館という展示施設に寄ります。
ここまで、30km強を走行。
自分はここで引き返すと思っていたのですが、
そこから更に御前崎灯台まで行くと言います。

距離も、時刻も、風向きも、不安は一杯ありますが
「まあ大丈夫だろう」と向かって行きましたが
行きの 浜岡‐御前崎 と帰りの 御前崎‐竜洋 は辛かった。
最後の方は、もうフラフラというかヨレヨレというか。。
ここに書く事、何も思い出せない位きつかった。
走行95km。素人にはかなり無理がある距離ですよね。



まっ、それはそれとして、浜岡原子力館は意外と面白かったです。
今回の震災の後、見学者が急増したとニュースで見たのですが
それほど混んでいる印象な無かったですね。
それ以前がどの程度だったかは分かりませんが。

実物大の炉心模型はかなりの迫力。


最近テレビでよく見る絵と同じような模型です。
2mのコンクリートの壁 とか、五重の壁とかも同じです。
どれも同じような造りなのかな?

スポンサーサイト
 

プロフィール

ささき

  • Author:ささき
  • 歴代の7台のうち5台が空冷、バイク5台は全て空冷、これからも空冷乗りで

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索