airクールでいこう

今時 空冷の車とバイクに乗る毎日。

ヒューズ

今朝、SRXのメインキーをONにすると
ニュートラルランプが一瞬点灯した後、消えてしまいました。
『球切れ?』
かと思いましたが、ヘッドライトも消えて、セルも回りません。
電気関連が全滅です。

一瞬点灯と言っても、確認できるだけの時間は点いていたので、
  キーON ⇒ 通電 ⇒ 漏電 ⇒ ヒューズ断
の流れが怪しそうです。

まずはヒューズのケースを開けてを確認してみますが、切れていません。
これまでビニールテープが巻かれて封印(!?) されていたため
初めてヒューズケースを閉けたのですが、ガラス管なのね。。。。

ヒューズケースを閉めて、試しにキーONすると普通に通電します。
『接触が悪くなったのかな?』
と思いながらヒューズを元通り組み付けると
電気関連全滅状態に戻ってしまいました。

ヒューズ周りをいじって、キーON/OFFをしてみると
ニュートラルランプが点いたり点かなかったり。。。

どうやらヒューズ本体ではなく、
接続しているコードを触ると状態が変わるようです。
コードを観察してみると2箇所怪しいところがありました。



・ヒューズまでのコードが長く、無理に折り曲げられている所があり、
 その部分の皮膜が破れ中の導線が見えてしまっている。
 しかも、その部分が触れたと思われる部分の
 スタータースイッチのコードが少し白く変色している。
・ヒューズケースを接続している部分のギボシ端子のカバーが短く
 ギボシ端子が剥き出しになっている所がある。
 (勘違いでした収縮チューブを端子の一部と見間違えました)

応急処置として、その周りをガムテで巻いて絶縁します。
とりあえず安定して通電できているようなのでそのまま出発。
多分、明日もこれで持ちこたえてくれると思うので、
週末にでもちゃんと対応しましょう。

スポンサーサイト
 

プロフィール

ささき

  • Author:ささき
  • 歴代の7台のうち5台が空冷、バイク5台は全て空冷、これからも空冷乗りで

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索