airクールでいこう

今時 空冷の車とバイクに乗る毎日。

大瀧詠一

最近買ったCD。

大瀧詠一 Song Book I-大瀧詠一作品集Vol.1(1980-1998)-大瀧詠一 Song Book I-大瀧詠一作品集Vol.1(1980-1998)-
(2010/03/21)
オムニバスシャネルズ with EPO

商品詳細を見る


1991年に発売されたSONG BOOKⅠ1980-1985に5曲加えての再販。
リマスターとはいえ、数曲追加して旧版を持っている人にも
買わせようとしているのは分かっているのに、買ってしまう。
困った物です。

追加5曲は
  ポップスター / 市川実和子
  うれしい予感 / 渡辺満里奈
  いちご畑でつかまえて / 松田聖子
  夢で逢えたら / ラッツ&スター
  幸せな結末 / 大滝詠一

5曲も増やすくらいだったら「Happy Endで始めよう」も入れて
あと2曲くらいどこから引っ張ってきて
SONG BOOKⅢ を出せたと思うのだが
どうだろう??
もしかして、「Happy Endで始めよう」は
Song Book II再販用に今回は外したのか??


大瀧詠一 Cover Book I-大瀧詠一カバー集Vol.1(1978-2008)-大瀧詠一 Cover Book I-大瀧詠一カバー集Vol.1(1978-2008)-
(2010/03/21)
オムニバス小林旭

商品詳細を見る


カバーって、
『そういう感覚で捕らえていたんだ』とか
『こんな裏切り方もあるのか』ってところが
楽しかったりするんですよね。
だから今回も(どちらかと言えば)嫌いな
ピチカートファイブも楽しく聞けるし、
崩し過ぎで ちょっとどうだろう?
と思う植木等の「FUN×4」も味があっていい。
ウルフルズの「大阪ストラット」なんて
オリジナルより“しっくり”きている気さえする。

でも、残念な事に(アイドルと言われる)女性で3人程
カバーとかの以前の問題なのだが、
歌い手としてとても残念なレベルで、
聞けたものではない曲がある。
それと、解説では“自由奔放”と表現している大御所は
(自分の感覚では)歌として成り立っていなくて
いっそのこと“語り”になっていればいいのに
中途半端で聞いていてイライラする曲もある。

その4曲を除けば、そこそこ楽しく普通に聞けるな。

スポンサーサイト
 

プロフィール

ささき

  • Author:ささき
  • 歴代の7台のうち5台が空冷、バイク6台は全て空冷、これからも空冷乗りで

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索