airクールでいこう

今時 空冷の車とバイクに乗る毎日。
  • 07≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫09

キャブ オーバーフロー

今朝の通勤中、信号待ちとかでやけにエンジンが止まります。
『湿度が高いせいかな?』『エアクリーナー掃除しないと』
などと考えながら会社近くになり、
少し長い時間の信号待ちになりました。

かすかにガソリン臭い。
周りに無駄に大きな排気口で、ガボガボと音を立てているような
車はいないようですが。(←かなり偏見)

会社の駐輪場に着いて、ヘルメットを取ると、かなりガソリン臭い。
そして、SRXの下には水溜りが。。


自分のガソリンが漏れてました。
慌ててエンジン停止。
SRXは負圧式なので、オーバーフローであれば
エンジン止めれば漏れも止まるはずです。

幸い、漏れは止まりました。
ガソリンの流れ出てくる先を追っていくと、
キャブ上部につながるパイプからのようなので
オーバーフローっぽいです。



昼休み、駐輪場に行き対応です。
まず、コックをPRI(負圧と関係なくガソリンをキャブに送る)にすると
ガソリンが漏れてきます。

一番単純な処置として、キャブのガス抜き。
それとキャブの上部を叩いて、詰まっているかもしれない
フロートバルブに衝撃を与えておきます。

これで直ってくれればラッキーです。
というか、これで直ってくれないと大変です。

コックをPRIにしてOK。
エンジンかけてOK。
コックをONに戻して2分ほどアイドリングでOK。

言うまでも無く、帰りに給油します。
しかし、キャブのオーバーフローなんて久しぶり。
今後、多発するようなら何かしないといけないけど、
とりあえずはこのままでいいでしょう。

スポンサーサイト
 

プロフィール

ささき

  • Author:ささき
  • 歴代の7台のうち5台が空冷、バイク5台は全て空冷、これからも空冷乗りで

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索