airクールでいこう

今時 空冷の車とバイクに乗る毎日。
  • 03≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫05

ブーツ

先日の雨中走行の後、ブーツは問題なしと書きましたが、
ブーツを手にとって、何気なしに見ていて、
靴底の減りが気になりました。



部分的に表面のゴムがなくなり、内側の素材が覗いています。
普段停車中は、右足はリアブレーキを踏んで、
左足を地面につけて停まっている為だと思われますが、
左の靴底の方が減りが激しいです。
これは使っているからには仕方がないです。

それより気になったのは、
左足の親指周りが剥がれかけていることです。



ここは、下手をするとシフトレバーに引っ掛けてしまうので
(気がついてしまった以上)放っておくのは少々危険です。

単純な選択肢は3つ。
・ボンドとかで補修しておく。
・メーカーに修理に出す。
・買い換える。

まずは、修理できるか?値段は? が気になります。
通勤経路にはクシタニ本社のファクトリーショップがあります。
帰り掛けに、ちょっと寄って話を聞きます。

・これは2000年~2001年の商品。
・現行から3世代も前のモデル。
・このモデルは元々靴底の張替え不可。

ということで、『メーカーに修理に出す』は無くなりました。
しかし、もう8年も使っているのですね。
充分使い切ったと言ってもいいでしょう。

ショップの人が言うには、
『ここまで型が崩れると、内部のシールや防水シートがずれたり、
破れたりするので、防水機能は一気に崩壊する可能性が高い』
とのこと。
そうでしょうね(; ;)

で、どうしましょう。
夏の間は履く回数少なくなるので、
とりあえずボンドで補修して、
秋に買い換えましょうかね。

⇒しかしこんなことに
スポンサーサイト
 

プロフィール

ささき

  • Author:ささき
  • 歴代の7台のうち5台が空冷、バイク6台は全て空冷、これからも空冷乗りで

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索