airクールでいこう

今時 空冷の車とバイクに乗る毎日。

また後ろのマウントが

ギアオイルを交換してから(こちら)、乗る機会がなかったので放置していたFEバン。
所要で出かけた先で、上りの後進をすることになったので回転数高めで
クラッチをつないだところ、ハンドル周りで何かが破裂しました。



1年半前(こちら)と同じような状況です。
シフトレバーのとめ具、下のの写真では新しい割りピンが入っていますが
そこの割りピンが折れて飛んでいました。



今回は幸い影響があったのは、この部分だけだったので
修理して”ゆっくり”走って帰れました。

帰ったあと確認してみると、昔ほどではないものの(こちら)
エンジンを手で動かすと、結構グラグラしてます。
後ろのマウントを確認してみます。

何もしない状態はこんな感じ


手で手前に引くとこんな感じ


写真では分かりにくいですが、マウントゴムが切れ掛かっています。
もしかしたら切れているかもしれません。

多分関係ないとは思いますが、もしかして
後ろのマウントと、シフト時のギア鳴きは関係しているのでしょうか?

なんか、一気にガタがきた感じです。
自分の環境、知識、情熱では、FEバンの現状維持すらできないかも。。。。
と思っていたところなので、ちょっと滅入ってます。

スポンサーサイト
 

プロフィール

ささき

  • Author:ささき
  • 歴代の7台のうち5台が空冷、バイク6台は全て空冷、これからも空冷乗りで

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索