airクールでいこう

今時 空冷の車とバイクに乗る毎日。

デフォッガー

先日、ヒーターホースを補強した時に気がついたのですが
左(助手席側)のデフォッガーが全く効いていませんでした。


右(運転席側)は効いているので、
左だけホースが外れているのかな?
と思い確認してみると、ホース自体付いていませんでした。

下から見ると、赤丸の向こうから光が差し込んでいます。
この写真はグローブポケットの隙間から撮っているのですが
グローブポケットがあると、デフォッガーのホースは付けられないです。

そのグローブポケット、当初はオプションで、
後期型(FE-2)になった時に標準装備なっています。
その時に、助手席側のデフォッガーのホースが
オプションになったのではないか?
と思われます。どうでしょう???


ついでなので、デフォッガーの流れなどを。。

まずヒーターを使うには、先日補強したヒーターホースと
マフラーの連結部分の可動式の蓋と言うか詮を空けて、
ヒーター出口のレバーも(2つ下の写真だと分かりやすい)
『開』にすると温風が車内に引き込まれます。


奥に丸い穴が見えます。
この状態なら足元に温風が入ってきます。


ヒータ出口の蓋を閉めると、そこから別のホースに温風が流れ
(右上に写っているピントのズレた黒い物体がそのホース)

メーター上から、ほんのり温かい温風が出てきます。

ほんのり程度の温度、走行風を取り込んで流す風力程度で
デフォッガーとして役に立つのか?
それは分かりません。
寒い日の雨なんて走ったことありませんからね。

スポンサーサイト
 

プロフィール

ささき

  • Author:ささき
  • 歴代の7台のうち5台が空冷、バイク6台は全て空冷、これからも空冷乗りで

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索