airクールでいこう

今時 空冷の車とバイクに乗る毎日。

ワイパーが動かない

FEバンの車検が終わってきました。
作業としては、ブレーキフルード交換位。
走ってみるとブレーキペダルの
踏み込みがかなり深くなってます。
慣れるまでちょっと気になるかな?
以前が近すぎで、今の方が好みなので
そのままにします。

車検的には特に問題はなし。
タイヤが1本だけ異様に減っているので
早めに交換を勧められた程度。

が、車検に影響ない問題が1点ありました。
ワイパーを動かしたら、途中で止まって
動かなくなったそうです。
こんな状態。

モータの異常音や焼けた臭いは
特に無かったそうなので、
そのまま受け取る事にしました。
車屋としては、どう説明しようか
何言われるかビクビクしてたのでしょうね。
自分があっさり受け入れたので、
ホッとした表情してました。

家に帰って、まずはスイッチの導通チェック。
でもモータを接続したままだと
簡易なテスターだと導通は分かりにくいですよね。
なので、グローブボックスを外して、
ワイパーモータと思われる部品を見てみます。
確認すると、固定ネジが1本外れています。

黒い箱がワイパーモータ。
左の銀はウインカーリレーかな?
赤矢印のネジが緩んで外れてます。
青矢印は自分で外してます。

この黒い箱を押し引きしていると
『カコッ』と何かハマる手応えがありました。
その位置で固定してワイパーのスイッチを入れると、
スムースに動くようになります。
この黒い箱がズレて、動けなくなってたんでしょうね。

で、ここからが大変でした。
赤矢印のネジを絞めたのですが、
黒い箱は固定されません。
「何故だろう?」と触っていると
こんな部品が落ちてきました。

黒い箱の上部、見えなかった奥の方にも
固定ネジがあって、それが外れていたようです。
つまりワイパーモータは3ヶ所、ネジ頭が裏側で
ブッシュを挟んで固定されているのでした。

ワイパーモータ全体を取り外せればいいのですが
難しそうだし、再度組み付ける自信もありません。
見えない部分を手探りで作業するしかありません。

それでも、なんやかんや約2時間。
無事組み付けることができました。
結構無理な体勢での作業で、かなり疲れました。

この頭の曲がる8㎜のメガネラチェットが無ければ
もっと苦労してたでしょう。

欲しくて買った工具も、無用の長物と化し後悔したりしますが
こうやって、何かの拍子に役に立つんですよね。

スポンサーサイト
 

プロフィール

ささき

  • Author:ささき
  • 歴代の7台のうち5台が空冷、バイク6台は全て空冷、これからも空冷乗りで

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索