airクールでいこう

今時 空冷の車とバイクに乗る毎日。

熱対策になるかな?

先日の台風で、カーポートの遮光ネットが
飛んでしまったので、補修することにします。
当然FEバンを移動させないといけません。

大雨の後、しかも今朝も少し降って湿度が高い、
さらにエンジンをかけるのは1か月ぶり。
こんな条件では簡単にかかる気がしません。

何度か試すも、やはりかかりません。
プラグを外して見てみると、
シットリと言うよりグッショリな状態。
外したまま15分ほど放置して乾かしたところ
なんとかエンジンがかかりました。

走り出した後は、いたって快調!!
ただ、少し気になったので点火タイミングの確認
少し早い気もしますが、許容範囲内なのでOK。

そんな事をしていて、以前どなたかに
指摘された件を思い出しました。

ベンチレーターケースのプラグコードの部分、
(シュラウドって呼んでたけど、パーツカタログだと
 ベンチレーターケースとなっていた)

大きな穴が開いていて、ヘッドのフィンが見えてます。
これだとファンによる強制空冷の風が逃げてしまって
ファンから遠い個所の風量が落ちてしまう。
そんなに影響はないはずだけど、蓋するだけなら
簡単だからやっといた方がいいよ。

と言われました。
ゴム板をプラグキャップで押さえ込むだけで
蓋にはなるので、こんな風にしてみました。


こんなので、効果あるのかな?
体感できるような変化は絶対ないと思うけど。
悪くなることは無いだろうから、まぁいいか。

スポンサーサイト
 

プロフィール

ささき

  • Author:ささき
  • 歴代の7台のうち5台が空冷、バイク5台は全て空冷、これからも空冷乗りで

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索