airクールでいこう

今時 空冷の車とバイクに乗る毎日。

減量 その1

家に体脂肪計つき体重計があるので、週2・3回、
就寝前の風呂上りに体重と体脂肪率を測っていました。

ここ数年は『順調に育っているな』(^^)と感じてはいましたが、
職場が変わっていた2008年11月の中旬頃、
その体重計が自分の中ではありえない数値を、
数日続けて示しました。

70kg/25%

ちなみに身長は163cm。
記憶では、2年前は63kg、10年前は60kg弱、
15年位前は56kg前後、だった覚えがあります。
体脂肪率も、2~3年前までは16~18%だった覚えがあります。
この体重計は足の裏で体脂肪を測るので、
風呂上りの湿った足で測るのでは、
正しい値が出てくるとは思いませんが、
常に同じ条件で測っているので、
この2年で極端に増えていることは確かです。

1年前の激務後、体調を崩して、ある程度回復するまで
心身とも無理して体力を戻そうとしていた時期は
体重の増量は必要悪と割り切っていました。
しかし、70kg/25% これは行きすぎです。

スポーツしても、動き出しが鈍いし、
以前はもう少し遠くても届いた所まで体が届かないし、
年齢が上がっただけ、ではない部分も多そうです。

これまで真面目にはやったことの無い
減量をしようという気になりました。
ダイエット という言葉はなんとなく抵抗があるので
自分は減量と呼ぶことにします。

まずは目標。
とりあえずは、2年前の63kg/17%まで戻したい。
週何kgとか月5kg以上とか一気に変化が出るのは、
「痩せる」というより、体調を悪くして
「やつれる」だけでしょうから、
月1kg位を目安に、進まない月もあるでしょうから
8ヶ月~1年かけて、MAXから-7kg/-8%を目標にしましょう。

次に方法。
長期戦のつもりなので長続きすることを優先して。
・食べる量は余り変えない、ちょっと減らす程度。
 ⇒夜は、気持ち分だけ米を減らす。
 ⇒昼は、(当時は)コンビニ弁当なので小さめの物を選ぶよう心がける。
・夜食はやめよう。
 ⇒やめようよ。。。
・部屋でできる簡単な運動をする。
・寝る前に柔軟をする。
 ⇒運動は、1kgの鉄アレイを持って、色んな筋肉が動くように。
 ⇒柔軟は、股関節を中心に無理をせず。
 ⇒それぞれ2分程度を1セットとして、テレビ観ながらでも。
 ⇒毎日忘れずにやるのは大変なので、2日間で6セット以上を目安に。
・複式呼吸
 ⇒肺や腸が動くように深呼吸するといいと聞いたことがあるので。
 ⇒通勤中(片道50分)信号待ちなどで気がついた時にやるようにする。

食べるのは、腹八分目ってやつです。
最初は我慢が必要でしたが、2ヶ月もすると
体が慣れてくるのか、あまり気にならなくなってきます。
でも、時々お腹一杯食べたくなるので、
2週間に一度位はたくさん食べます。
その後2・3食は少なめにしますが、良くない方法ですね。
でも無理に我慢すると続かなくなってしまうので。

運動は、後から調べると「ダンベル体操」というのに
一見近そうですが、違うみたいです。
ダンベル体操は比較的ゆっくりした動きで、毎日15分と書かれています。
自分はゆっくりだったり、激しかったり、捻ったり、反ったり
不規則に動くようにしてます。
それと毎日やるに越したことはないですが、
それだと1日逃してしまうと意欲がなくなってしまうので、
2日以上空けないようにするために
2日間で6セット以上を目安にする。
これはこれでいいのではないでしょうか。
当然毎日できる時はしますよ。

複式呼吸は、後から調べると「横隔膜ストレッチ」というらしいです。
一応自分なりに考えて、
 ⇒『お腹を膨らめながら息を吸う』⇒
  『胸を膨らめながら息を吸う』⇒
  『お腹を萎めながら息を吐く』⇒
  『胸を萎めながら息を吐く』⇒
これを車やバイクに乗りながら、できるだけゆっくり繰り返すようにしてます。

これらを1ヶ月少し続けた2008年12月末。
68.5kg/22%になりました。
-1.5kg/-3%の成果です。
予想外にいい結果ですね。
最初だから結果が出やすかったのでしょう。
単純計算だと体脂肪率3%の重さは、
減った体重より大きくなってしまうんですけど。f^^)

しかし、長期戦を覚悟の上、
この先は変化が鈍ることも容易に想像できます。
結果が見えないと続ける意欲も薄れてしまいます。

そこで、体重と体脂肪率を記録することにします。
正月休みの体重変動が落ち着いた頃から記録し始めます。

ここで、長くなったので、また後日。  ⇒続き
スポンサーサイト
 

プロフィール

ささき

  • Author:ささき
  • 歴代の7台のうち5台が空冷、バイク6台は全て空冷、これからも空冷乗りで

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索