airクールでいこう

今時 空冷の車とバイクに乗る毎日。

カテゴリー内エントリ一覧

2017/06/10  自転車パンク
2017/04/24  タイヤ バルブ交換
2016/12/22  トッポ車検
2016/11/05  MOTO GUZZI V7II
2016/10/15  GRAN MILANO
2016/07/04  GRAN MILANO
2016/06/26  ドライブレコーダー

自転車パンク

久しぶりに自転車を引きずり出しました。
(BIANCHI Milano CD ビアンキ ミラノCD)
1年ぶり位かも。
空気を入れて支度をしていると、
リアがペッタンコ。パンクしてますね。

チューブを確認すると、
サイドにタイヤと擦れた跡が広範囲にあり
2箇所から空気が漏れます。
そこ以外にも傷になっている部分もあります。
(写真撮ったけど、傷が分からないので載せない)

試しにパッチ貼ってみますが、失敗しました。
サイドのパンク修理は難しいですね。

近くの自転車屋にチューブを買いに行きますが
在庫なし。サイズが20×1.35と
一般的では無いので仕方ないですね。

このチューブは6年前にタイヤ交換(こちら)した時に
一緒に交換して、その後のパンク(こちら)で
新しいチューブがダメになったので
再度使う事にした古いものです。
この古いチューブの片割れがまだ残っていたので
とりあえずそいつに交換。

多分、購入時に付いてたチューブだから
15年位前なの物なのかな?

スポンサーサイト

タイヤ バルブ交換

トッポ タウンビーの話です。

昨日、飯田まで行った帰り。
下りのコーナーで違和感を感じました。
どう表現するのがいいのか難しいのですが、
急にグリップ力が上がったような気がします。

熱持っちゃた? (そんな走りはしてませんが)
と思い、手で触ってみますが普通の状態も
何が正解かも分からないので意味がありません。

家に帰って見てみると左前のタイヤの形が変です。
空気圧を確認すると、1.3k位しか入ってません。

パンクしている訳では無さそうなので、空気入れて、
再度圧を確認しようとゲージを当てると
『シュ~~』空気が漏れる音がします。
どうやら、バルブをある方向に傾けると抜けるようです。

(意味のない写真)


急いで近所の車屋さんに行ってバルブ交換。
バルブ交換って、ホイールから一旦タイヤ外すのね
自分じゃ出来ないや。(^^)
カー用品量販店だと、結構な時間待ちになりそうな作業も
近所の車屋さんなら10分もかからず完了。

空気抜けてグリップ力が上がったように感じた
理由は分かりませんが、早く発見できて良かった。
空気が抜け切ったり、バーストしてたら
大変なことになってたかもしれないからね。

トッポ車検

2年と少し前、FEバン修理中の中継ぎ用として
購入した(こちら)トッポ タウンビー。
2度目の車検を通しました。

FEバンはとっくに修理から戻ってきているし、
自分の使い方だと2台持ちは贅沢なので
車検を機に手放そうかとも思ったのですが
あると便利だし、案外維持費も掛からないので
タウンビー持ち続けることにしました。

実際は別の車に乗り換えも考えましたが
意外と条件に合う車が見つかりません。
このタウンビーは2年前に思い立ってサクッと
見つけたけど運が良かったんですね。きっと。

MOTO GUZZI V7II

クシタニCBM (コーヒーブレイクミーティング)
ってのに行ってみました。
場所は新東名のP.A.であるNEOPASA浜松。
ついに新東名と初絡みです!!!
でも、高速道路には乗りません。
一般道から入れるP.A.のはずです。

会場に着くと、P.A.の中では無くて、
一般道から入れる駐車場の一角でした。

まぁ当然か。。。

で、CBMに来た目的的はこれ
MOTO GUZZIの車両展示。
V7II RACER


う~~む、美しい、、、、
今年からメッキタンクでは無くなって
俄然興味が増してきたモデルです。
V7II STONEの展示もありました。

跨ると、ポジションはRACERの方が断然好みです。
話を聞いていると、STONEは試乗できるとのこと。
P.Aなので試乗できないと思っていたのですが
外の駐車場なのでよく考えたら問題ないですね。

早速申し込んで試乗。
まず、よく言われるMOTO GUZZIでアクセルを
開けると車体が右に振られるという現象。
確かにニュートラルでアクセルを煽ると
右に力がかかるのが分かります。
でも1速に入れると停車中でも振れは小さくなります。
走行中となると、ほとんど気になりません。

走り出すと、あくまでSRXと比べてですけど
車体は大きくて重く感じます。
あと、少しだけ気になるところは
踵を車体に押し付けるとシフトペダルと
ブレーキペダルが操作しにくい点かな。
まぁこれらはSRXに慣れ過ぎた自分の感覚が特殊で、
すぐに慣れるような範囲だし、
RACERのポジションならもう少し小さく感るだろうし
ペダルの形状と配置も違うので平気かな。と思われます。

走りの方は、ハンドリングもパワーの出方も
加重の掛かりや抜けも驚くほど素直です。
感覚的にSRXと近いのでしょうか
苦も違和感も全くありません。

これなら乗り換えてもいいかな~~。
SRXの調子が悪いときに、強く勧められたら
買い換えてもいいかと思っちゃうレベルです。

でもSRXの次の車検は通すけどね。

GRAN MILANO

国道1号をひたすら東に200km!!!
着きましたターンパイク。

何度か来たことがあったけど、それは20年以上前の話。。。

目的はこれ

SWM の GRAN MILANO 440
※せっかく行ったのに全体の入った写真撮り忘れた

半年後にSRXの車検は通すつもりだけど、
現段階で Gran Milano が“あり”か“なし”か
気になって仕方がか無いので、まずは一度現車を見るため
MVアグスタの試乗会に行ってしまいました。

見た目は、良い方にも悪い方にも裏切りは無かったです。
そこそこカッコ良くて美しいんだけど、
エンジンの造りも含め全体的になんか古臭い感じです。

でも、これはこれで悪くないですね。

跨ってみると、思ったよりタンクがでかいです。

セパハンの割にハンドルがフラットで
上半身が丸まって変な圧迫感があります。
(あくまでSRXと比べてですけど)

ステップもやや前過ぎます。

最近はアップハンドルでドッカリ座るバイクが多いので
多分こんな感じなんでしょうね。
自分はこれだと腰がもたない気がします。

何でしょう?シート・ハンドル・ステップの
バランスが悪いような気がします。
SRXに馴染み過ぎた自分が合わないだけでしょうか?
ただ、ハンドル周りの造りもシンプルで
調整幅が大きそうなので、慣れと調整で
なんとかなるレベルかな?って気はします


走ると、シングルらしい立ち上がりで
自分にとっては違和感がありません。
トルク感とか低回転の粘りは、少々物足りないです。
ここは600㏄と440㏄の差でしょうね。

ハンドリングの癖は強いですね。
かなり前後の加重移動を意識しないと曲がりません。
ただ、多分ですけどタイヤをちゃんとしたのに変えて
サス調整してやれば、印象は大きく変わると思います。

と言うことで
Gran Milano は“なし”ではありません。
でも現段階では、SRXの車検を回避してまで
買い換えるほどのインパクトや魅力は無かったです。

GRAN MILANO

数か月前(こちら)、もし今買い替えるならMOTO GUZZI V7かな~
なんて事を書きました。
が、その後ちょっと気なるバイクが出てきました
SWMの GRAN MILANO というバイクです。
https://news.webike.net/2016/02/16/37749/
http://forride.jp/motorcycle/swm-gran-milano



SWNって?
イタリアのメーカーらしいのですが、
正直知りませんでした。

写真を見る限り、車体の大きさや乗った時の雰囲気は
SRXの前期型に近そうな気がします。
でも見た目のデザインは、半端な排気量(445cc)も含め
SRXよりスズキのグースを思い出させます。


まだ日本での発売日は発表になってないようですし、
初期型はとてもじゃないけど怖くて手が出せないので
すぐにどうこうってことはありませんが、
2年半後に、いい評判が聞こえていたら考えましょう。

ちなみに
○GRAN MILANO
軸間距離 1410mm
乾燥重量 145kg
排気量 445.3cc
タンク 22.5L

○SRX
軸間距離 1425mm
乾燥重量 149kg
排気量 608c
タンク 14L

○グース
軸間距離 1350mm
乾燥重量 145kg
排気量 348cc
タンク 15L

○MOTO GUZZI V7
軸間距離 1435mm
乾燥重量+α 189kg
排気量 744cc
タンク 22L

スペックなんて目安にしかならないけど
他と比べるとV7の重さが気になるね。

ドライブレコーダー

書くことないので、どうでもいいことなどを。。。

しばらく前から(こちら)使い道の無かったスマホ、
005SHをドライブレコーダーとして使ってます。


やはり無料アプリだと、それなりには使ますが
所々使いにくかったり不安定だったりします。
それでも最近、やっと癖と言うかコツを掴んできました。

でも一番使いにくかったのは、アプリの動作ではなく
暑くなると本体の電源が落ちることでした。

ダッシュボードで直射日光受けるなんて、
想定された環境では無いでしょうから
仕方ないかな~~ と思ってました。

が、どうやら暑さや熱で直接本体が
落ちていたのでは無かったようです。
流れとしては多分こんな感じ
・ドライブレコーダーと使うには電源接続が必須
・充電による発熱、気温、直射日光で本体の温度上昇
・温度上昇で充電中断(予想:保護機能とかあるのだろう)
・録画してるとフル充電でも(多分)10分位で電池切れ
・電池切れでシャットダウン

これならば、充電中断したら再開させればいいので、
一旦充電ケーブル外して再接続するだけです。
実際にはシガソケット外して入れなおすだけになります。

これに気が付いてから、かなり使いやすくなりました。
こうなると、もう市販のドライブレコーダーじゃなくて
このまま使い続けていいと思ってしまいますね。

 

プロフィール

ささき

  • Author:ささき
  • 歴代の7台のうち5台が空冷、バイク5台は全て空冷、これからも空冷乗りで

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索