FC2ブログ

airクールでいこう

空冷の車とバイクに乗り続けてきたけれど。
  • 07≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫09

カテゴリー内エントリ一覧

フォーゲルでお散歩

これだけ天気がいいと、バイクで走りたくなります。
こんな時は、このために復活させた
VOGEL君2世号でお出かけしましょう。

本当は山の方に行きたいけど、
到着するまでに燃え尽きちゃいそうなので
これまで何故かVOGEL君ではたどり着けていない
伊良湖に向かいましょう。

今日は暑くなる予報のせいか道が空いてます。
ゆっくり、トテトテ走って10時ごろ到着。

道中バイクが少ないような気はしてましたが
バイクにとって10時はそれほど早い時間ではありません。
でも、

2輪の駐車スペースが自分のだけとは、、、
こんなこともあるんだね。

帰りは少し車が増えてましたが、快適に走行。
120km、4時間半。
程よい疲労感で帰着。
やっぱり原付は大きいバイクより疲れるね。

スポンサーサイト

エコパで観戦

スタジアムまでサッカーを観に行くのは
20年ぶり位かもしれない。

ちなみに、こんな書き出しで
こんなタイトルでも
今回はサッカーの内容には触れません。


なぜこのタイミングで観に行くのか?
大きな理由は2つ
・サポーターズ会員番号が
 変わっていた事を最近知った
・VOGEL君2世号を復活させた

転職などで銀行口座を見直してた時に
サポーターズクラブ会費の引き落とし先を
変更しようとしたら色々変わってて。。。
カードは多分5年くらい前に変わってて。。。
会員番号なんて多分もっと前に変わってて。。。

WEB登録とかの手続きをし直してたら、
なんか久しぶりに観たくなったんです。


それと、数か月前にフォーゲルを
走れる状態まで復活させてます(こちら)。
自分で塗り替えた水色の“VOGEL君2世号”
実はジュビロカラーを意識してたんです。
ヤマハだからと言って、決してTECH21では無いです。
  ↑これ分かる人は同世代だろうな


塗り替えた時に『これで観戦行きたいな』
なんて考えていたことも思い出したんです。


で、黄ナンバーとは言え、原付で行くので
日中試合開始のホームゲームが条件。
都合がついた今日行くことにしました。

出かける前に、前回2世号に乗った時、
ブレーキ時にオイルランプが点いたので
2ストオイルを補充しておきます。
まだオイルは残っていましたが、
途中で無くなるリスクは避けましょう。

FEバン用に買い置きしてある
ヤマハのSUPER RS、通称『赤缶』を入れます。

今まで何が入っていたか分かりませんが
赤缶のわけが無いので混ざっちゃいますね。
でもカタログ上0.8Lで、缶半分ほど入ったので
半分以上入れ替わったと思われます。
2ストオイル変えると乗り味変わるのかな?


今日の目的地はヤマハスタジアムではなくエコパ。
片道50km強あります、遠かった。
でもこの距離ならバイクも体も大丈夫そうです。
気候によって変わるでしょうけど、
おでかけの基準になりそうです。


おまけ
エコパの駐輪場にTECH21カラーのスクーターが居ました。

流石ヤマハのお膝元。

フォーゲル復活へ その後

一応復活させたVOGEL君たち(こちら)ですが、
1号のキャブからのガソリン漏れが
なかなか止まりませんでした。
コックは組み直して良くなったのですが
コックONにして1時間程放置すると、
ガス抜き付近にガソリンが滲んで来ます。

最終的にはオーバーフローだったのですが
その結論に行きつくまでも、
それの解消にも、色々試したので
何が主原因だったのか、
いくつか要因があったのか
分からなくなってしまいました。

多分、ニードルバルブ部分の
ガスケットが無くなっていたのが
一番の原因だったと思われます。

  赤矢印のパーツね
市販のガスケットシートを切って
取り付けたら漏れが解消しました。

それと、この2ヶ月弱はチョコチョコ乗れていて、
この先も乗りそうなので完全に死んでしまって
とりあえず水道水を補充してあるバッテリーも交換しました。
本来は6N2-2A-7という型を使いますが
そこそこ評判が良くて、手頃な値段の物が
在庫切れで購入できなかったので
外形やコネクタ形状が同じ思われる6N2-2A-4を購入しました。

バッテリー液は別容器で来ると思っていたのですが、
封入された状態で届いたので少し驚きましたが
取付は特に問題無し。

停車中でもウィンカーが元気なのはいいね!

しかし、6N2-2A-7と6N2-2A-4は何が違うんだろ?

VOGEL君2世号でお散歩

今日は風は強めですが、いい天気です。
2世号の試乗も中途半端になってるので
ちょっと寒いけど出かけましょう。

と、その前に、結構重要な
プラグの確認を忘れてたことに気が付きました。
2台とも許容範囲内の焼け方と思われますが
2世号はBP5HSが付いていて、やや焼け気味か?

標準プラグはB-6HSで、
1号は同じ熱価のBP6HSが付いてます。
出力を上げてあるかもしれない2世号は
どちらかと言えば、冷え型の高熱価の方が
いいような気がします。
なぜ低いのが付いてるのか不思議です。

なのでプラグを入れ替えてお出かけです。
まずは、1号の試乗の時と同じ(こちら)場所で。



さて、暖かければ思い切って
伊良湖まで行きたいところですが
そこまででも無いので、伊良湖方面に
2時間限定で向かうことにします。

え~っと、
4速のパワー感がありません。
ちょっとした上り坂で失速します。
プラグ替えたせいかもと思い、戻してみたり
エアアジャスト調整したりしても改善しません。

しばらく走ると、どこからか異音がし始めます。
 (細かく書くと面倒なので、、、中略)
結果的にリアブレーキをありえない位置まで
調整したり戻したりしたら直りました。
多分どこか噛んでしまっていたのでしょう。

気温が上がってきたおかげかもしれませんが
嬉しいことに、ブレーキの異音が消えた後
4速のパワーも復活してました。

結局、4時間半くらいで100km位走行。
終始快調なら、もうちょっと走れそうですね。

ところで、原付2台も登録してどうする?
と思いますよね。自分でもそう思うし。
まぁ、大きなバイク手放したことだし
小さいバイクがあれば乗る機会もあるでしょう。
それに、転職で勤務先が近くなるし
通勤にも使うようになるかもしれない。
6年前に復活させた時は、無理やり
スズライトFEバンに載せて移動しましたが(こちら
今はトッポタウンビーがあるので
移動してから、チョロっと走るのもできるかな?

フォーゲル復活へ その6

今回で、2台とも走れるようになったから
一応これで 復活への道 は完了かな。

○ フロートのガスケット

2台とも交換しようと
ガスケットを2枚購入しましたが
1号は滲んでいた箇所に
グリス塗り込んで応急処置したら、
いつの間にか改善してました。
ガソリンが馴染んで隙間が
埋まることもあるらしいので、
このまま様子見にします。
2世号は元々調子よく問題は無いので
わざわざ交換作業のリスクを侵さず
2枚とも予備としてとっておきます。

キャブ周りだとガソリンホースは交換。

ガソリンフィルタは付けた方が
いいのかもしれないけど、スペース的に
かなり窮屈そうなので今回は見送り。

○ タイヤ
IRC SP 3.5-8を購入。
ネットで買ったら、むき出し状態で
配送されてきました。こんな物なのか?

フォーゲルの標準タイヤはブロックのですが、
何故か2台ともDUNLOP TT100 を履いてました。

購入したIRC SPもブロックでは無いのですが
こっちのパターンの方が似合うかな?
と思ってこれにしました。少しだけ安いしね。


それと、MOTO GUZZI V7-IIが居なくなって
邪魔になるだけかと思われた
モーターサイクルジャッキは
今回の一連の作業で大活躍でした。

ちなみに、合わせホイールなので
タイヤの交換作業は超簡単です。


○ チェーン
伸びきってサビサビ、カサカサになってたので交換です。
イメージ的にチェーンと言えばRK。 420-47丁です。

車重67Kg、3PSしかない車両ですから
安い奴で充分、なので2台とも交換しときます。

○ その他
2世号のヘッドライトが球切れしてたので交換。


全て組み付けたら、2世号の試乗に行きましょう。
走り出しから1号よりいい調子です。
1号同様、数km走ると更に調子が上がってきます。
エアアジャストは1回1/2戻しで、最も伸びがいい。
タイヤが新しいおかげか乗り心地もいい。
そして何より、エンジンがパワフルです。
やっぱり50㏄じゃない感じですね。

あとは出来るだけ走らせて、微調整と、掃除していきましょう。

 その1
 その2
 その3
 その4
 その5

フォーゲル復活へ その5

2世号のタンクも花咲かGで丸2日錆取り。
仕上げのリンス処理をします。
1号タンクからガソリンを移してエンジンかけてみます。
コックやキャブからの漏れや滲みはありません。

ここで一つ発見。
1号のフューエルコックですが、
OFFにしても完全には止まらず
ON寄りの下40度位にすると止まるようです。
2世号の方はOFFの位置で止まるんだけどね。


2世号は、タイヤとチェーンが
使えるようなレベルではないので、
走れる状態にはなりません。
なので、1号の試乗に出ます。

走ることは走りますが、
アクセルを緩めるとエンストします。
キック⇒走行⇒エンスト を繰り返しながらも
無理やり数km走ると、徐々に、そして明らかに
レスポンスとエンジン音が良くなってきます。

ここで、エアアジャストを調整してみます。
色々試してみると、1回転半~2回転戻しで
エンストしなくなります。
1回3/4戻しにすると発進もしやすいので
その位置でアイドリング調整もします。

いや~、好調です。
本来なら、他の調整、点検、掃除も
しないといけないのですが、
走っていて 『楽しい』 が勝ってしまいます。
停まっても、最悪押して帰れる位の近所を
グルグルするつもりだったのだけど、
ちょっとだけ足を伸ばしてしまいました。


結局、試乗つもりが、なんやかんや50km程走行。
これだけ走れれば、素人が
下手に分解&調整なんてしない方がいいのかも。

ちなみに、帰ってからサービスマニュアルを確認すると
エアアジャストの基準調整値が載ってました。

1回3/4戻し と書かれてます。
ピッタリ正解です。なんか嬉しい。
事前に確認しとけ!! ってことですけどね。

 その1
 その2
 その3
 その4
 その6

フォーゲル復活へ その4

花咲かGで丸2日錆取り。
仕上げのリンス処理をします。
しかし、作業中は天気が良かったし
比較的暖かくて助かった。

仕上げたタンク持って、スタンドへ!
ガソリン入れたタンク組み付けて
やっとエンジンをかけられます。

VOGEL君1号で挑戦。
キック70発位。
爆発の気配が無い。
キャブのガス抜きを開けると
ガソリンが来てない。
リザーブが機能してみたいです。
コックをONにして、キック50発位。
数秒間エンジンがかかります。

キック⇒数秒間かかる、を繰り返します。
キャブからガソリンがちょっと滲んでます。
爆発は確認できたので、とりあえず次へ。

続いてVOGEL君2世号も挑戦。
1号のタンク付けて同様に40発位。
あっさりエンジンがかかります。

緑タンクに水色フレームは気色悪いけど。
回転も安定していて、排気から2スト臭もします。
こちらの方がいい調子です。

再び1号に挑戦。
フューエルコックを分解掃除してOK。
キャブはフロート室のガスケットがダメそう
まだ買えるみたいなので、交換予定。
今度は回転も安定してます。
ちょっと調整すればOKそうですね。

じゃあ走りに行くか!!!
とはなりません。自賠責切れてるんで。。。

ということで、2世号の登録に行きます。
譲り受けた時に「60㏄になってるかも」
と言われていたので、原付2種で登録します。
(本当だよ、30km制限回避のためじゃないよ)

黄色ナンバーです。
水色の車体には白より黄色の方が映えますね。

元々の緑の車体には、見慣れてるのもありますが
白ナンバーがしっくりきます。


自賠責の依頼もしてきたので、
明日以降は1号の試乗が出来そうです。

ブレーキは試乗程度なら平気そうだけど
チェーンは変えた方がいいかな。
あとは、2世号のタイヤは何とかしないと。

 その1
 その2
 その3
 その5
 その6
 

プロフィール

ささき

  • Author:ささき
  • 歴代の 5台が空冷、バイク 全6台が空冷、いつまでも空冷乗りでいたいんだけどね

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索