FC2ブログ

airクールでいこう

空冷の車とバイクに乗り続けてきたけれど。
  • 02≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫04

カバー購入へ 完了

オーダーカバーの完成品が届いたので
(実際はしばらく前に届いてたんだけど)

早速使ってみましょう。

の前に、長距離走ってそのままだし、
折角の新品カバーなので、洗車と整備をしておきます。
乾燥中、、、

なんか、かわいかったので後からも


これまでアンテナは何となく 20cm程出していましたが
今回のカバーはサイズピッタリなので、しまうことにします。

新しいカバーをかけると、こんな感じ

裾絞りの留め具ですが、植え込みがあるのと、
前後入れ替えて停めることもあるので
右前と左後には付けられません。
右後は、2ストオイルまみれのマフラーがあるので
そこを避けて左前につけました。

そのマフラーですが、袋を被せてカバーが汚れないようにします。

以前も袋を被せていた時期もあったのですが
風で何処かに飛んで行ってしまいました。
今回は、裾絞りの効果でその心配は無さそうなので
留め具は右後のままでも良かったかもしれません。


あとは、風とか湿気でどうなるか、
膨らみ防止の通気筒の効果などは、
また機会があったら書き込みます。

スポンサーサイト

通勤車両

来月からメインの通勤車両となる予定の
BIANCHI Milano CD

購入は、もう15年以上前の話です。多分。。。
時々乗る程度だったのに急に毎日乗り出して
いきなり壊れたりすると諸々支障が出るので
年明け位から意識して乗るようにしてました。

ある程度平気そうだったのですが
ある日、フロントがブレブレで怖い感じがしました。
翌日、フロント周りをチェックしようとすると
何故かリアがパンクしてます。
「パンクぐらいなら」と直そうとすると
タイヤが一部裂けていて
チューブに奇妙な穴が開いてました。

写真だと分かりにくいね。

流石にタイヤとチューブは交換です。
それ位なら自分でもできますが
こんな機会なので、ショップに持ち込んで
全体的にチェックと整備も依頼することにします。

ショップの人が言うには、タイヤサイズは、
標準の 20x1.35 より 20x1.25 の方が、
ちょっと安いし、日本だと流通量多いから今後楽かも。
ってことで、サイズ変えました。

見た目の変化は分からないですね。
タイヤが新しいせいか、調整してもらったせいか
走りが滑らかになりました。

あとは、ブレーキシューも交換して
暗くなると点滅するリアライトも付けて
これで安心して通勤車として使えますね。
心配なのは、泥除けが無い事。
雨の日の対応は追々考えましょう。

サブの通勤車は、先日直したVOGEL君たち。

よっぽどの天候でなければ、車で通勤するつもりは全くないけど、
可能性があるなら免許とか申請しといた方がいい。
とのことなので、勤務先へはタウンビーでの申請しときます。


申請と違う!! とか、怒られたら その時また考えます。

カバー購入へ 4日目

カバーは一週間くらいで送られてくるので
今日は帰るだけです。
鳥羽からフェリーで伊良湖に渡ることにします。
距離は90km、3時間位なので8時半に出発すれば
12:10発の便に乗れそうです。

津に出るまでは、多少アップダウンあるけど快適。
津市内は車の流れが速くてちょっと苦労したけど、
郊外になると勝手に抜いてってくれるので楽でした。

鳥羽には予定通り11時半頃到着。
フェリーのチケットを買って、
しばらく待っている時に気が付いた
“チケットに4mと記載されている”
料金には3m未満があるので、それのはずなんだけど?
確認しに行くと、間違えていたようです。
当然、3m未満のチケットに変えてもらいました。

3m未満の車なんて稀だろうから、
売り場のネーチャンが間違えるのも仕方ないね。
昔は高速道路に乗る時
“白ナンバーだから普通車料金”で揉めた。
なんてのが、あるあるだったけど
フェリーでもあるとは、うかつだった。

バイクでフェリーはあるけど、車は初。
バイクだとしっかり固定するけど車は楽だね、


で、出航。


風が強くて、結構波が大きいです。
でも、それなりに大きな船だと
あんまり揺れないね。これなら車も安心。
そして何故か漁船が追走してきます。

どうやら、大きなフェリーを
風よけか波よけに使っている様です。
スリップストリーム?

結局この4日(実際走ったのは3日)間で550km程の走行。
トラブルは全くなく無事走り切れました。

カバー購入へ 3日目

型取りしたカバーを確認します。
フロント周りはタイトなシルエットです。
やっぱりミラーポケットは必要ですね。


リアは少し余裕がありますが、
こっちもタイトにすると、間口が狭くなって
被せる時に大変なので少し余裕を持たせるそうです。


他も色々説明してもらいましたが
基本的に「プロにお任せ」でお願いしました。
オプションは、膨らみ防止の通気筒を1対。
腹下留め具と、裾絞り加工を両方。
裾絞りの留め具は、通常右後だそうですが
右後は2ストオイルまみれのマフラーがあって
汚れそうなので、左前で依頼しました。
これら含めて、54600円となりました。

で、順調に事が運んだので
GLION MUSEUM に行ってみることにします。
写真はフラッシュNGなので、
あまり綺麗に撮れてないです。
これは綺麗に撮れてた。


もし1台乗っていいと言われたら、これかな。
1930年台のロールスロイス。


もし1台所有していいと言われたら、これかな。
古いオースチン。A50って書いてあったかな。


12:00から1時間ほど見学して、移動。
大阪市を横断。路上駐車が多くて走り辛い。
どの車線を走っていいのかよく分からない。
でも地元の人はそれに慣れているせいか
全体的に運転は粗くない。
車線変更の意思表示とタイミングさえ
間違えなければあんまり危険じゃないかも。

知らない土地だし、やっぱり都会を走るのは
結構疲れる。今日は短めの距離にしておいてよかった。
120kmほど走行して、予約していた宿に到着。

まだ陽があるうちに着けたので、
緊急用に持ってきたブロンプトンを準備。
ちょっとだけ出かけることにします。


伊賀上野城
ちゃんと天守があるのね。

高い石垣と、お濠もあって、結構綺麗。

でも、平日で雨上がりの夕方、誰もいません。
忍者屋敷とかもあるけどやってません。


周りの民家も雰囲気ある造り
と、もっと堪能したかったけど、
すぐ暗くなってしまった。
なかなか濃い一日でした。

カバー購入へ 2日目

FEバンのオーダーカバー作成は
昨日から今日にかけて、
採寸と型取りをしているはずです。
当然自分は関われないので完成待ち状態です。

と思ったら、既に状況がUPされてました。
https://minkara.carview.co.jp/userid/841766/blog/42527304/

型取りした物は(仮)なので、明日現物を確認して
細かな仕様を決定、本依頼となります。

じゃあ今日、自分は何してたかというと
大阪らしい所を見物するつもりでした。
が、終日の雨。
アーケードの下を中心に
チョロチョロしただけでした。

でも、雨は今日だけらしいので
車を運転する時は、雨ではないという幸運。
今回は車がメインで、見物は完全に暇つぶし
なので、これでいいでしょう。

カバー購入へ 1日目

5時20分、じゃあ出かけましょう。
高速道路は使わないし、
1車線、特に1車線のバイパスは
周りの邪魔になるだけなので
極力使わないようにしてます。
なので、休憩などを考えると、
順調に行って15時目標ですかね。

出発から2時間、60km位。
朝の渋滞に巻き込まれてしまったので
最初の休憩


出発から4時間半、120km位。
四日市辺りで2度目の休憩。
椅子が無いときは
リアゲートがベンチになります。


ここまでは、ある程度知っている道でしたが
ここから先は未知の地区です。
名阪国道の無料区間は2車線だと聞いたので
なんとかなるかと思って走ってみました。
前半(東寄り)は60km/h制限で
車も少なく、それなりに良かったのですが、
後半になって70km/h制限区間になると
トラックが多くなって、車の圧が強くて
もう、怖いのなんのって。。。
耐えきれず一般の国道25号に降りたのですが
こっちはこっちで峠越え、もう、すっごい大変。

『帰りどうしよう』なんて考えてていたら
休むタイミングを逸してしまって
出発から7時間半、220km位。
道の駅 針テラスまで走ってしまった。


大分疲れていたし、全く土地勘もないし
「ナビ様の言う通り」にしたら
165号? 166号?何かとんでもない
狭い道とか走らされた。
15時20分、出発から10時間、270km位。
なんとか到着しました。

無事でよかった。

その後、電車で大阪市内の宿へ。
とりあえずグリコ。

ネオンなしと、ネオンあり。
驚いたのは、街中に中国語なのか韓国語なのかの人が多いこと。

カバー購入へ 準備

今使っているボディーカバーが
2年半経って結構傷んできたので(こちら
思い切ってオーダーで作ることにします。

検索して、2社に問い合わせと見積もりをして
回答が親切だった方に依頼することにしました。
実車で型取りする必要があるのですが、
片道250km。大体ナビ予想の倍なので8時間。
遠いです。。。  でも、
今は転職前の有休消化中、時間の余裕はあります。

一般的に有休消化中は、大小の差はあっても
旅行とか行くものですが、自分は行かないので
これをドライブ旅行と捉えることにします。

長距離走行の前に、点検と簡単な整備しときます
一発目はセルが回るが、二発目で回らず、、、
前回乗った時(こちら)と同じ症状です。
やっぱりバッテリーがダメそうです。
購入から7年以上、何度も上げてること考えれば
これまでよく持った方でしょう。
型は30A19L、端子はボルト式です。
近くの量販店で聞いてみると当然のように在庫なし
が、提携の部品店に在庫があるってことで
急遽取り寄せして、即日交換出来ました。


ということで、他も一通り点検して準備OK。
工具一式は必須。予備の2ストオイルと、
緊急用にブロンプトンも積んでおきます。


予約したのは数週前だったので、
天候が心配でしたが
週間予報では雪や凍結の心配はなさそうです。
多少の雨はしかたありません。

一応ざっくりの希望的な予定としては

2/18 早朝出発、夕方前に到着で入庫。
2/19 採寸・カバー作成。
     ↑ は店に任せて自分は大阪見物。
2/20 午前に受け取り、帰途。
    夜走りたくないし天候次第だけど、もう一泊。
    ⇒時間あれば、比較的見ごたえがあるらしい
     GLION MUSEUM にでも行ってみようかな
2/21 旅行感出すために、
    フェリーで伊勢湾を渡ってみたいな。

 

プロフィール

ささき

  • Author:ささき
  • 歴代の 5台が空冷、バイク 全6台が空冷、いつまでも空冷乗りでいたいんだけどね

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索